読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きらきらミラーボール

好きな曲の歌詞などについて書く予定です。

呑みこまれてゆく 魔法のようなもの かんじてる

youtu.be

http://j-lyric.net/artist/a0025b2/l020fee.html

 

私が知ってる曲の中で一番「リアルだな~」って思う曲の話をします。小沢健二の『恋しくて』です。

何がリアルって「ぶどう」じゃないですか?

果物って基本贅沢品だしたぶん親密な間柄でしか一緒に食べないと思うしなんか良いことあったのかなこの二人はとか考えてしまって含みがありませんか?夜中に無性に何かが食べたくなって、二人でコンビニに行くなんていうのもよくある話だし、もうリアルすぎてグロい。

 

ツイッターで見た以下の言葉は私の中で恋しくての世界とつながっています。


エッチより尊い時間がある二人がいいよ

ね出来るならね~別に「エッチのおかげで仲良しです!!」って二人も清々しくていいけどね。

人への執着って経験への執着なのかな~とか思います。会えば会うほど色んな光景を共有して誰も触れない二人だけの国が出来ちゃう、そういったものへの執着なんじゃないかなって思います。いつ恋で「故郷というのは思い出のことなんじゃないか」って台詞があったけど正にそれかな、一種の郷愁が執着を生むのかなと思ってます。


現実に起こることなんて些細で生々しいし、そのくせ戻ろうとしても戻れない魔法のようなものがある、それをいつもではないけど不意に考えてしまってなんとなくちくちくと心を痛める。みたいなことはきっと本当にどんな恋愛にでもあてはまることで、この曲は聞く度に弱ってしまいます。