きらきらミラーボール

好きな曲の歌詞などについて書く予定です。

命懸けの恋が世の中を救うよ

youtu.be
http://m.kget.jp/lyric.php?song=105096

岡村靖幸の『真夜中のサイクリング』について書きます。

のっけからときめきを煽ってくる歌詞がすごいなと思ってます。2ケツなんだろうな、いやタンデムかな?タンデム自転車で夜中にサイクリングする男女気持ち悪いな。
すごく前に知ってる人が飲み会で「好きな人の心の隙間を埋めたい」みたいな話をしてたのがいつまでも記憶に残っていて、「埋めたい」って、ああ…ってなるのですが、この曲もそういう感じかなと思います。ろまんちすとなので誰かに特別な夜をあげるような恋とかめちゃグッときてしまう。お金じゃなくて何か特別なものをあげるのが愛情って感じする。

歌詞とはあんまり関係ないんですが、止むに止まれぬ気持ちになったときにパッと会いに行ける距離に会いたい人が居るって最高じゃないですか?夜中に誘って頑張れば行けるくらいの距離ってすげえいいなと思う、けど、こういう状況って大概中高生くらいまでじゃないと実現しないよなと考えたら悔しさで首がもげそう…100歩譲って大学生もあるかもしれないけど…思えば、小学生の頃はギリ居たけど、近所に友達が居ない人生だったな…距離という制約が人を冷静にさせるんならクソくらえと思うね。電話するような時間帯に六本木にアクセス出来る交通機関って車あるいはタクシーだと思うからカルアミルクはバブリーな曲だなーと思ってます。